松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会員コラム

≪ 2006年5月 | 会員コラム一覧 | 2006年8月 ≫

2006年7月

秋山好古の薫陶を受け、昭和初期の中等教育に情熱を傾けた伝説教師「五島の伝さん」  京河 正強

2_4

五島さんの尊父、伝さん(正しくはツタ工、通称デンさん)は、少年時代
より類い希なる運動神経の持ち主で、中学時代には中距離選手として名を
馳せ、長年四国の中学生記録保持者でした。

当時、五島家と親交のあった秋山家の好古大将にその才能を見込まれて、
東京の体育専門学校(現・日本体育大学の前身)へ進学を薦められました。

そして卒業後、その秋山好古が校長を務めていた郷里松山の北予中学(現
・松山北高校)に教師として赴任、ここに伝説的な熱血先生「五島の伝さ
ん」の誕生となったのです。

以来、子弟の教育に終始信念を貫き通し、当時の学生に「頑張る精神」を植
え付けることに一生を捧げた名物教師、伝さん。

ある時は、生徒たちを連れて自転車で四国一周旅行をしたそうです。
何事も途中で投げ出したり止めたりせず、最後までやり通す強い子供にすべ
く指導されたのです。

また、当時の松山には格好のライバルだった松山中学、松山商業、松山工業
などがあり、勉強やスポーツ、その他諸々で競っていましたが、「頑張れば
報われる」をモットーに、ユニークな採点方式で生徒たちにやる気を起こさ
せ、競争に勝ち抜く指導に力を入れました。

さらには、私財を投じて自宅の庭に土俵を作り、生徒を集めて400年来の日本
の伝統の相撲の極意「押さば押せ、引かば押せ」の教育をされました。

名物教師、伝さんは熱血漢であり、怖さあり、思いやりあり、親しさありの
私心のない教師として未だに語り草になっております。

その伝さんの教育を受けた子弟の多くが、焼土と化した戦後愛媛の復興の原動
力となり、今日の繁栄をもたらしたことは、まさに教育の理想であると思いま
す。

昨今、青少年育成については地方自治体やライオンズクラブ等、いろいろな奉
仕団体が深刻な問題として捉えており、健全な教育に真剣に取り組まなければ
ならない状況です。

今こそ是非とも「五島の伝さん」の精神を理解し、参考にしていただきたいも
のと存じます。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp