松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会報誌ギャラリー

≪ 2013年4月 | 会報誌ギャラリー一覧 | 2013年6月 ≫

2013年5月

くまもん誕生の秘話

Kouen

「くまもん誕生の秘話」

計画出席委員長
清 川 和 夫

 2月の第二例会では「松山東雲大学学長・棟方信彦」様に初代ゆるキャラ王者「くまもん」の誕生から今日までのお話を頂戴いたしました。
 熊本県が九州新幹線開業時に「熊本ブランド」の売り込みを図りたいとの思いで、開業3年前から準備が始まり、そして誕生したのが「くまもん」。ポッと出ではなかったのですね。
 商標登録は熊本県庁なので、県に使用許可を得ることが出来れば使用料なしで「くまもん」は誰でも使用できますとのお話でした。この戦略は大当たりし、今や「くまもん」は全国区になり、「くまもん」自身も熊本県庁トップの営業部長になっているそうです。
 また、熊本県の「熊本ブランド」の売り込みは順調に推移しているとのこと。確かに最近「くまもんの熊本ブランドの商品」を多く見かけるようになりました。短い時間ではありましたが、内容には我々のビジネスにも参考になるポイントが幾つもあったような気が致しました。


336-A地区 第59回年次大会

Reikai04 Reikai03 Reikai02_2 Reikai01

336-A地区 第59回地区年次大会

幹 事
山 田   哲

 ライオンズクラブ国際協会 336-A地区 第59回地区年次大会に、4月13日、14日に参加してきました。松山中央ライオンズクラブからは、代議員10名、一般参加21名という大勢で出席しました。
 4月13日は記念ゴルフ大会で土佐カントリークラブにて3組12名の会員が出場しました。そしてその夜は前夜祭組と、松山中央ライオンズクラブのメンバーだけの懇親会組に別れました。前夜祭では、日韓親善国際交流を深め、懇親会では高知の ライオンズのメンバーがオーナーの「寿し柳」で、かつおのたたきに舌鼓を打ちました。
 翌日は8時より指名選挙があり、代議員は選挙のあと、各分科会に分かれ、私は第一分科会に参加しました。この分科会では、会員増強についての取り組み、200%例会の取り組み、会報誌発行の取り組みの事例発表がありました。参考になる所もありましたが、我がクラブの取り組みにおいても、それに負けないほどの素晴らしいものがあると確認できました。また第三分科会では、献血活動についての事例発表で、河本保健委員長より松山中央ライオンズクラブの取り組みを紹介して頂きました。そして11時から代議員総会が始まり、8つの審議事項が承認され、次期ガバナーに高松玉藻ライオンズクラブの松前龍宗氏が選出されました。
 午後1時より長谷川ガバナーが華々しく入場され、メインイベントの大会式典が始まりました。地区ガバナーズアワードが発表され、我がクラブは、グッドスタンディング賞、会報優秀賞、平和ポスター賞、東日本大震災復興支援賞、保健福祉賞献血協力部門、YEプログラム賞が金賞、他にも銀賞3つ、銅賞3つと他のクラブにないほどたくさんの受賞をしました。これもメンバーのライオニズムの賜だととても感謝いたしました。最後にガバナーエレクトが登場し、来期の336-A地区ガバナースローガン 「ときめく明日へWe Serve」 が発表され、閉会になりました。
 ちなみに記念ゴルフ大会の結果は、見事、丹下さんがネット70.4で優勝しました。全ての面で参加してとても実りの多い第59回地区年次大会でありました。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp