松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会報誌ギャラリー

≪ 2014年11月 | 会報誌ギャラリー一覧 | 2015年2月 ≫

2014年12月

CN15周年記念事業として、村上三島(むらかみ さんとう)氏の書による石碑をフューチャーした時計台を、愛媛の空の玄関、松山空港に寄贈しました。

現在は、石碑部分のみ空港内のロビーに設置され、愛媛を訪れる方々をお迎えしています。

 

Photo_9

碑文は以下の通り。

 

青い海と

緑なす山なみ

歴史と伝統の

香り高い文化の里

子規・漱石ゆかりの地

伊予路へ

ようこそお越しを頂きました


名古屋守山ライオンズクラブが11月第2例会に訪問

Photo_8

名古屋守山ライオンズクラブが11月第2例会に訪問

幹事

山本 宗宏

 記念すべき創立50周年1200回記念例会に、名古屋守山LCより吉村嘉悦第42代会長がお越しになりました。仕事の関係で長期にわたって松山に滞在されている中での例会訪問だそうです。穏やかでかつ話好きな方で、ちょうど夜間例会だったこともあり、お互いいい気分になった中で、昨年CN50周年を迎えた名古屋守山LCの式典等の苦労話など聞かせて頂きました。本年度は、例年にも増して他クラブからの例会訪問が多い気がします。これも近年、勢いのある我々、松山中央LCが注目されているからでしょうか。


創立記念例会1200回例会

1200

1200_2

1200_3

創立記念1200回例会

計画出席委員長

中岡 富茂

 2014年11月25日、創立50周年記念例会&第1200回記念例会を開催することが出来ました。当日は松山市立子規記念博物館の竹田美喜館長に記念講演をしていただきました。我が松山中央ライオンズクラブは2015年春に50周年の記念事業として、道後に正岡子規の銅像を寄贈することが決まっています。銅像の元となった写真の由来と左手にはボールを持っている事等、竹田館長は「正岡子規を愛されている」んだなと伝わる講話をしていただきました。会員の皆さんには子規像をより身近に感じていただける機会になったのではないでしょうか。

 また、昭和39年11月22日の愛媛新聞を各テーブルごとに見ていただきましたが、平成の今も50年前も予算・税金の問題、関税の問題、隣国の紛争(朝鮮の南北問題)などが主要記事であり、50年の技術発展のわりには人類の基本的な問題は進歩が無いなと確認できるいい機会になりました。


訃報

訃報

五島一明様が11月22日に永眠されました。(享年83歳)

謹んでお悔やみ申し上げます。


国民の祝日には国旗を掲揚しましょう!

国民の祝日には   国旗を掲揚しましょう!

 私たちは、改めて「国民の祝日」の意義を知り、合わせて国旗を各家庭で掲揚すべきではないでしょうか。祝日を祝い、感謝し、受け継がれてきた日本の美しい文化や風習を子々孫々に伝え、よりよい社会とより豊かな生活の実現に向け「国民の祝日に国旗を掲揚すること」の意味を再認識し、運動を推進して参りたいと考えています。

 ~「PR・ライオンズ情報・大会参加委員会活動基本方針」より抜粋~


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp