松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会員コラム

≪ 2015年9月 | 会員コラム一覧 | 2015年11月 ≫

2015年10月

「温故知新」のコーナー

Photo

『温故知新』のコーナー

このコーナーはチャーターメンバー及び歴代会長の過去のエピソードやご意見を頂戴するコーナーです。

今回のゲストは第37代会長 続木 隆夫さんです。

■当時の松山中央LCを振り返って

入会式のとき、松山中央ライオンズクラブは何て明るく和やかで、親しみ深い会だろうと思いました。今でも忘れられません。会員増強活動の重要性は、今も昔も変わり無いですが、当時、青年会議所名簿とか会社年鑑などでメンバー発掘に汗を流したことが懐かしく思います。会長を務めた頃は、新会員の職業の重複は許されず、更に入会に2~3年待機させることは、珍しくありませんでした。結果、細かい努力が実り、国際会長よりシニアマスターキー(25名以上の会員スポンサーをした者)を戴いたこと、誇らしく思います。

■入会してよかったこと

多くの異業種の方々と知り合ったことが、大きな宝物です。一兵卒であっても、一人の人間として、扱ってくれたこと有り難く、自分も他人に対する考え方が変わりました。

■辛かったこと・苦労したこと

特に辛いと思ったことはありませんが、事務局員さんの待遇などに触ることはタブーとされていたが、11クラブ事務局改善委員を2年間勤め、各クラブ会長さんに集まってもらい、バラバラであった給料の基準を答申したり、ワープロからパソコンへ移行期に、事務局員さんをNTTへ研修に行って貰うなど、そんなお手伝いに苦労しました。

■エピソード

アメリカへ旅した時の話ですが、リムジンを一日チャーターし精算しようとしたところ、カード読み取り機が故障でカード精算が出来ず、そのうち私の胸のライオンバッチを見て、『ライオンズクラブは信頼できる。請求書を送るから、名刺を下さい』と言ってもらいました。アメリカはライオンズクラブの発祥の地とは言え、本当に身も知らない日本人に、一日の売り上げを付けで良いのかなぁ‥‥とビックリしました。数週間後、約250ドルの請求書が送られてきました。

■後輩会員に一言

ライオンズに入会した限り、何かの役に就いてお世話をしなければなりません。

仕事優先は当然ですが、役を指名された限り、僅か一年間の事なので、ライオンズ最優先で全力投球するべきであると考えます。又、奉仕活動には、精一杯参加して頂きたいと思います。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp