松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会報誌ギャラリー

≪ 2010年4月 | 会報誌ギャラリー一覧 | 2010年7月 ≫

2010年6月

わけありドネーション

わけありドネーション

L清水信行  入会おめでとうございます。

L中村和典  竹田さん卓話たのしみです。

L山田 哲  竹田さん卓話ありがとうございました。

L岡村直美  盛重さん、古稀を迎えられておめでとうございます。

L新宮幸孝  盛重さん、古稀おめでとうございます。

L中岡富茂  木下様、池田様、高橋様入会おめでとうございます。

L森 和幸  竹田館長、卓話ありがとうございます。

L橋本和範  盛重さん、古稀おめでとうございます。

L佐々木勲  竹田さん卓話ありがとうございました。

       土井田さん、当選おめでとうございます。

L盛重二郎  竹田さん卓話ありがとうございます。

       新入会員の皆様歓迎申しあげます。

L大門 勝  周年事業もうすぐです。がんばりましょう。

L小笠原英志 木下さん、池田さん、高橋さんご入会おめでとうございます。

       竹田さん卓話ありがとうございました。

L大川耕三  木下さんの入会をお祝いとして

L友澤節男  どうぞ、CN45例会がうまくいきます様、神様、仏様、イエス

       様にお願いします。今はワラでもどろ船でもすがりたい気持ちです。

L吉宮 薫  土井田先生、当選おめでとうございます。

L岡内博人  盛重さん古稀過ぎて益々お元気で活躍下さい。

       木下さん、池田さん、高橋さんご入会おめでとうございます。

L小倉圭二  盛重さん、古稀おめでとうございます。

       木下さん、池田さん、高橋さんご入会おめでとうございます。

L廣江和男  木下勝敏さん、池田博英さん、高橋孝子さんの入会を歓迎しま

       す。

L川添潔明  土井田学先生、当選おめでとうございます。

L伊藤幸満  土井田さん、おめでとうございます。

L山本 茂  卓話ありがとうございます。

L富永 実  竹田館長の卓話に感謝して

L山本幸治  45周年近づいてまいりました。皆さん最後の一踏んばりがんがりましょう。

L丹下靖憲  竹田さん卓話ありがとうございました。3名の入会おめでとうございます。

L和田 泰  木下さん、池田さん、高橋さん木下さん、池田さん、高橋さんご入会おめでとうございます。

、新入会おめでとうございます。

L早川義仲  新入会員の皆さん、おめでとうございます。今後共よろしくお願いします。

L五島一明  盛重二郎さんの古稀を祝して

L吉田文彦  長野中央LC記念ゴルフ大会で優勝しました。

L近藤 猛  木下、池田、高橋さんよろしくお願い致します。

L兵頭好喜  入会お目でとうございます。

L坂口貴正  ご入会おめでとうございます。

L村上泰久  木下さん、池田さん、高橋さん入会おめでとうございます。

L山本 純  盛重さん、古稀おめでとうございます。いつまでもお元気で

L佐伯裕子  盛重さん、古稀おめでとうございます。

L宮崎陽允  土井田氏市議会当選お目出とうございます。

L永野貞一  土井田さんおめでとう

L土井田学  皆様に感謝申し上げます。

L島田省吾  土井田さん、よかったですね・・・。

 

      ☆出席率                   69%       

      ☆ファイン                   300円             

       ☆ドネーション                    89,000円


長野中央ライオンズCN45周年記念大会に参加して

長野中央ライオンズCN45周年記念大会に参加して
佐伯 裕子

 私にとって2度目の姉妹クラブの記念大会の出席を大変楽しみにしておりました。
 心温かいお出迎えを受け、大賀ホールでのピアノの演奏は素晴らしい音色で癒され、次の日もあいにくの小雨ではありましたがチャンピオンコースでゴルフを楽しみ、本当にLCに在籍していて良かったと、心から感謝しています。


ゴルフ 5月12日

Cn4511 Cn4512

ゴルフ
5月12日 北条サンセットヒルズカントリークラブ
 北条のサンセットヒルズカントリークラブで、松山中央ライオンズクラブから7名、長野中央ライオンズクラブから5名、合計12名でプレイしました。優勝は長野の小林昭夫様、おめでとうございます。


エクスカーション5月12日

Cn4510 エクスカーション
5月12日7時30分~17時
 名古屋中、長野中央、仙台中央と松山中央LC会員合わせて約50名バス2台で今治方面を観光し交流や思い出を深めました。
 観光コース(ホテル→糸山公園→54番延命寺→55番南光坊→56番泰山寺→魚安(昼食)→松山空港(名古屋中は飛行機の関係で昼食の後ハタダお菓子館→うつぼや→瓢月→松山空港)
 天候がよく、最終日にふさわしい日だったと思います。
 お寺まわりも皆で参拝し交流を深め、昼食の魚安では瀬戸内海の新鮮な料理を皆で楽しみました。
 長野中央・仙台中央・名古屋中の皆様とはまた一段と絆が深まったと感じ、また10月に仙台でお会いする約束をしました。今回有意義なエクスカーションであったと感じております。


祝宴・歓迎会

Cn4508 Cn4509 祝宴・歓迎会
5月11日17時15分~21時15分

 記念式典に引き続き、約200名の出席で祝宴・歓迎会が開催されました。
 開式宣言直後には、坊ちゃん劇場より現役俳優10名に来て頂き30分間、歌、踊り、正岡子規ミュージカルの一部を演じて頂き、豪華なオープニングです。
 終わりには、参加者全員で1つの大きな輪になり手を繋ぎ、「また会う日」までを合唱し、全員の心が1つになる感動の時間になりました。


記念式典

Cn4507 記念式典
5月11日16時~17時

 松山全日空ホテルにて「CN45周年記念式 典」が開催され、松山中央ライオンズクラブ会員88名のWe Serveが詰め込まれたCN45周年記念事業(松山城を築いた加藤嘉明公騎馬像建立・寄贈、松山中央ライオンズクラブ杯愛媛県中予少年サッカー大会、水源の森記念植樹)を6分30秒に集約された映像で披露目させていただきました。来賓として、加戸守行愛媛県知事(代理)、中村時広松山市長、田中義晃正宗寺子規堂住職、田畑功騎馬像制作者の4名の方に祝辞等をいただきました。メイン事業の一つである「加藤嘉明騎馬像」については松山市長より松山の新しい観光スポットを作っていただき有難うございますと感謝の言葉をいただきました。名古屋、仙台、長野、からの45名を含め、約200名の出席で盛大に開催する事が出来ました。

「優秀連続純出席会員3名」の表彰がありました。
1973年3月~2009年6月連続純出席(872回)廣瀬義郎様
2000年10月~2009年6月連続純出席(209回)稲森和行様
2001年6月~2009年6月連続純出席(193回)永野通夫様

「チャーターメンバー5名」の表彰がありました。
永野貞一様、船倉和夫様、島田省吾様
宮崎陽允様、吉田文彦様


エクスカーション

 Cn4502_2 Cn4503_2 Cn4504_2 Cn4505_2  

 エクスカーション
5月11日9時~14時

 名古屋、長野、仙台からお祝いに駆けつけていただいた方と松山中央ライオンズクラブ会員合わせて約30名で松山市内を観光し思い出を深めました。観光コース(子規記念博物館→道後のカラクリ時計→坊ちゃん列車に乗って大街道へ→坂の上記念館→加藤嘉明公騎馬像除幕式→秋山兄弟生誕地)。
 小雨が降ったり止んだりのはっきりしない天候でしたが、騎馬像除幕式には雨もあがり、松山中央ライオンズクラブは強運です。


CN45周年大会 ゴルフ

Cn4506 

ゴルフ
5月11日 奥道後ゴルフクラブ

県外からのお客様を含め19人で開催されました。


CN45周年大会前夜祭

Cn4501_2

CN45周年大会

前夜祭
5月10日18時30分~・大和屋本店

 「想い出創りでWe Serve」のスローガンを掲げ1年がかりで全員で準備してきた最初の行事です。
 長野中央ライオンズクラブから22名、名古屋中央ライオンズクラブから16名、仙台中央ライオンズクラブから7名、我が松山中央ライオンズクラブから49名、合計94名の出席で盛大に行われました。
 L五島一明様の締めの挨拶では、日本全国には「自称」日本最古の温泉が幾つも有りますが、「日本書紀」では道後温泉が日本最古の温泉と記されています。長野、名古屋、仙台の地からようこそ松山へ。


ライオンズの思い出⑪

Omoide01 Omoide02 ライオンズの思い出
宮崎 陽允
 もう数十年前の事、松本市に研修旅行に出かけた時の事だ。西予市宇和町に在る、開明学校(明治十五年開校)の姉妹校である、開智学校(明治六年開校)が松本市に在るはず、折角ここ迄来たのだから見学しようと云う事になった時の事。両校は姉妹学校の提携を結んでいる様に、外見、教室等は愛媛の開明学校と瓜二つで、愛媛より送られた牛鬼のみこしを、懐かしく見ながら各教室を見学している時、ふと眼に留まったのは、子守学級の写真であった。貧農の娘が奉公に出された「おしん」にそっくりの光景がそこにあり、思わず立ち止まってしまった。ねんねこで赤ちゃんを背負い、髪の毛が赤ちゃんの顔に掛らぬ様に手拭いで髪の毛を包み、子守をしながら先生を見つめる真剣な眼差しを見た時、奉公に出されても勉強したい、学問を学びたい気持には頭が下る思いがした。
 徳川幕府から明治に文明開化が叫ばれた時、産業振興と国民皆教育、義務教育の徹底が明治維新の大きな目標であった。徳川幕府の名残りが教育界にもあり、武士の男子、町人の金持等は教育が簡単に受けられたが、「おしん」の様な貧農の女子には教育を受けることは程遠い物があった。しかし日本人は教育に関しては諸外国に比して熱心であり、親はどんなに苦労しても、子供の教育には身を粉にして働いて学校に行かせたものである。
 ヨーロッパの人は集落を造る時、家屋の次に教会を建てるが、日本人は家屋の次は学校を建てる。その結果どんな小さな部落でも学校とお寺の墓場は必ず有る。学校の先生は優秀な人材が多く、生徒の教育に誇りを持っている。学校の教育制度も、寺子屋式、師範学校式、戦後のPTAの米国式と大きく変遷したが、どれも一長一短であるが、現在の日本は文盲の率においては世界一の文盲が少ない国である。カタカナ、ひらがなを漢字より発明したのは日本人である。日本の教育に誇りを持ち、そういう経験からライオンズに入会し、青少年の教育育成のアクティビティーには特に強い思い入れがあった。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp