松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会報誌ギャラリー

≪ 2015年2月 | 会報誌ギャラリー一覧 | 2015年6月 ≫

2015年3月

訃報

 Photo_13

訃報 清水信行さん

清水信行さんが1月28日享年79歳をもって永眠されました。

また、3月3日 ベルモニー会館天山で、お別れ会がしめやかに営まれました。謹んでお悔やみ申し上げます。


Photo_11

Photo_12

外部卓話   2月24日(第二例会)

計画出席委員会 委員長

中岡 富茂

 2月第二例会(2月24日)の外部卓話で、南海放送の戒田節子さんに「和田重次郎とアラスカ公演」のテーマで卓話をしていただきました。

 和田重次郎は愛媛県出身の偉人で明治~昭和にかけた激動の時代をアラスカで活躍された方です。犬ぞりを使って未開のアラスカを開拓、金鉱脈の発見、遭難者救助など様々な功績を残されました。和田重次郎を生んだ郷土愛媛に誇りを持ち、益々愛媛に奉仕する思いを強くもちました。We Serve。


愛媛マラソン

Photo_6

愛媛マラソン完走記

松浦 龍也

 昨年の思ったタイムが出なかった屈辱の大会から1年。なんとか今年も抽選に通り、愛媛マラソンに出場できることとなりました。月間走行平均280・、延べ890日の練習を経て、2/8①第53回愛媛マラソンに挑みました。当日の天気予報は雨…何とか天気がもってくれればと願い…スタート時には雨も降らず、AM10:00に無事スタート。昨年の経験も生かし、自分のペースを維持、水分補給も充分にとり淡々と折り返し附近まできました。まずまずのタイムで北条内を走っていた時!天気予報通り、雨、風、雹…特に風は暴風で向かい風!身体は冷えるは前には進まないわで体力をかなり奪われましたが、それでも気力を振り絞り、昨年よりは良いタイムをめざし走り続けました。昨年足が攣った31・付近を無事通り過ぎ、35・付近にいる中央LCメンバーのところに辿り着きエアーサロンパスを全身に浴び、再びゴールをめざし走りはじめました。地獄の平田の坂を下り終えたところで両足が攣りましたが、すぐに回復しペースを落としつつも走り続けることができ、無事ゴール!昨年感想文に書いた3時間40分には届きませんでしたが、昨年よりも良いタイムの3時間49分48秒で完走できました。来年は3時間45分を目指して頑張ってみようと思います。最後に、悪天候の中ボランティアしていただきました方々本当にありがとうございました。

Photo_7

愛媛マラソン完走記

中岡 富茂

 フルマラソン3回目のチャレンジです。マラソン中盤には霙と横殴りの嵐にも激励されましたが、ライオンズクラブの仲間をはじめ沢山の方に応援していただき無事完走することができました。もうすぐ50歳になりますが、この年でフルマラソンに挑戦できる健康な体に生んでくれた両親に感謝。マラソンの練習時間を確保させてくれた、家族と社員にも感謝です。5年後にはホノルルマラソンが走れるように引き続き頑張ります。

Photo_8

愛媛マラソン完走記

新宮 幸孝

 今年で2回目のフルマラソンだったのですが、前回同様30キロをすぎたあたりから足が止まり結果5時間8秒でゴールしました。途中、強風と冷たい雨にあい、すっかり体が冷えきったのがとてもつらかったです。そうした悪天候の中、ライオンズの方を含め沢山の人がずぶ濡れになりながら応援をしてくださったのは本当にありがたかったです。機会があれば再度チャレンジをして、出来れば5時間を切りたいと思います。

Photo_9

愛媛マラソン完走記

藤野 祐一

 何とか2回目のフルマラソンを完走することが出来ました。前回のタイムより約30分ほど速く走ることが出来ましたが、思うような成果を出すのはなかなか難しいです。これからも定期的にフルマラソンにチャレンジしていければと思います。当日は悪天候の中、応援ありがとうございました。

Photo_10

愛媛マラソン完走記

山本 修嗣

 愛媛マラソンは、3年ぶり3回目の出場。練習不足の言い訳に、「リタイアになるなら、ふざけよう!」と、ピンときたのが、新年例会で見た「エレキテル連合・あけみちゃんの変装グッズ」。当初は、「途中のライオンズ応援団に、カツラとお面を預けよう!」のつもりが、女・子供に、ランナーまでにも「あけみちゃ~ん!!」と大人気!息苦しいお面のまま、手を振る忙しさで、つらさを忘れてゴール。コスプレ完走は癖になりそうです!!

 


第二回会員交流会

Photo

Photo_2

松山中央ライオンズクラブ

第2回 会員交流会 2月24日

副委員長

永野 通夫

 第2回目の会員交流会は、約40名の参加で、たいへん楽しいひとときを過ごすことができました。

 スピーチを頂きました吉田さん、丹下さん、島田さん、藤井さん、大変ありがとうございました。


愛媛マラソン

Photo_17

Photo_18

Photo_19

Photo_20

Photo_21

Photo_22

Photo_23

Photo_24

Photo_25

Photo_26

Photo_27

愛媛マラソン観戦記

ランニング同好会

池田 博英

 2015年2月8日①、恒例の愛媛マラソンが開催されました。大会の評価は年々高まり、全国でもトップクラスの人気を誇っています。今回は、人気に応えて定員も10,000人にまで増えたのですが、応募数も多く、当選倍率は約2.5倍という狭き門です。

 そんな中、当選の幸運を得て、中岡さん、松浦さん、新宮さん、藤野さん、山本(修)さんが出走し、見事完走されました。

 スタート後しばらくは太陽も見え、安定したお天気かと安堵しておりましたが、徐々に空模様が怪しくなったかと思うと、突然の強風と豪雨に見舞われました。

 傘が壊れるほどの風と激しい雨は、ランナーの皆さんのモチベーションと体力を奪っていきました。

 幸い、悪天候は一時的なものでまもなく回復いたしましたが、その後も折り返しからの向かい風は強く吹き続けました。そんな中、心折れること無く完走された皆さんには、改めて心からの拍手を送りたいと思います。

 今年も盛重さんに作っていただいた素晴らしい横断幕の前を多くのランナーが駆け抜けて行きました。

 また、数年前より服部さんが始められた冷却スプレーのお接待は、今年も大人気。35・地点の「心臓破りの坂」手前に陣取ったライオンズ・冷却スプレーお接待チーム。疲れ果てたランナーの皆さんが、F1レースの際のピットインの如く、待ち構えた我々の元に脚を引き摺りながら駆け(歩み?)寄ります。

 足首、膝、太腿に冷却スプレーを施すと、皆さん口々に「生き返った!」「これで頑張れます!」「ライオンズさんなの?ありがとう!」と感謝の言葉をいただきました。用意した100本のスプレーが多くのランナーの通過を待たずに品切れとなってしまいました。

 参加されたランナーの数だけ、悲喜交交なドラマがあったに違いありません。皆さんお疲れ様でした。

 最後に、応援や準備等に様々な形でご協力いただいた皆様方に心より御礼を申し上げます。


新年例会

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15

Photo_16

新年例会

計画出席委員会

中岡 富茂

 1月13日③18時より、道後の老舗旅館「宝荘ホテル」にて「新年例会」を開催しました。

 まずは、30分間の通常例会です。少年サッカー、女子中学生ソフトボール、加藤嘉明公騎馬像廻りの剪定…など9件について、地域社会に「奉仕」する目的のもと、まじめに審議をしました。

 18時30分からの懇親会では、「ベリーダンス」と「委員会対抗『だめよ~だめ・だめ』コンテスト」を行ないました。

 「ベリーダンス」とは、中東およびその他のアラブ文化圏で発展した妖艶なダンススタイルで、3名のプロに舞っていただきました。何十年もライオンズクラブで活躍してこられた先輩方から、「ライオンズクラブも変わったな…、昔はお琴、尺八、日本舞踊…だったが」と、先輩のお褒め?の言葉もいただきました(^-^;)。

 委員会対抗コンテストは8チームの競演で、いま話題の「日本エレキテル連合」の物まねです。皆さん積極的に参加していただき、熟慮?されストーリーと、普段は想像できない意外な容姿・演劇に笑い転げ、「ライオンズの仲間」として更なる絆を深めあいました。

 また、「宝荘ホテル」では、「草間彌生ワールド」を開催されています。宿泊するか、有料で見学するしか見る事が出来ない貴重な部屋を、チラッと見せていただき、想像力が豊か(笑い)になりました。(世話役の特権です(汗))。

 最後に、コンテストを盛り上げようと何日も前から準備した方をはじめ、多くの方々にご協力いただき盛大に開催できました。有難うございます。感謝。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp