松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会報誌ギャラリー

≪ 2015年3月 | 会報誌ギャラリー一覧 | 2015年8月 ≫

2015年6月

CN50周年・記念式典・記念対談・記念祝賀会を終えて

50_15

50_16

50_17

 

50

50_2

50_3

50_4

50_5

50_6

50_7

50_8

50_9

50_10

50_11

50_12

50_13

50_14

CN50周年・記念式典・記念対談・記念祝賀会を終えて

CN50周年記念大会 第一実行委員会 式典・祝宴担当

中岡 富茂

 2015年5月26日、2年がかりで準備してきましたが本番当日は「あっ」という間の一日でした。当日は中村時広愛媛県知事をはじめ212名の皆さんにご出席いただき盛大に開催することが出来ました。

 月に1回~2回打ち合わせをしてきましたが、4月からの1.5ヶ月は毎日のように各担当部署との調整があり、本業の仕事は全く出来ませでした(笑)。

 式典は【秒】刻みの運営でしたが、挨拶の時間が想定外に長かったり、嬉しい割り込みで知事から感謝状をいただいたりで、予定より約10分延びましたが記念講演会で野志市長と竹田館長に気を使っていただき祝賀会までには予定通りの時間の運営できるように調整していただきました。

 祝賀会ではまずオープニングショーに感動していただいたのでは?。宮崎ユウさん率いるKSTmassCHOIR(ケイ エス ティー マスクワイアー)の30名の方に歌・ダンス・バンドで過去、現在、未来を表現していただきました。50年の努力に感謝(アメージングブレース)、おかげさまで現在楽しく運営できています(オーハッピーデイ)、これから100周年に向けどんな苦難があろうと頑張っていきます(エイト・ノー・マウンテン・イナフ)の3曲に思い込めて。

 また、墨絵ライブペイントは愛媛の宝「茂本ヒデキチ」さんに、仙台の伊達政宗、長野の真田幸村、愛知の織田信長を描いていただきました。この3県は松山中央ライオンズクラブと姉妹提携クラブ・姉妹友好クラブで遠方より40名の方にお祝いに駆けつけていただきました。ヒデキチさんは大手企業のCMをはじめ世界中で活躍されている大スターです。

 紙面の都合で最後になりますが、松山中央ライオンズクラブ113名の皆さんをはじめ多くの方のご協力をいただき無事開催することが出来ました。貴重な経験をさせていただきました。重ね重ねお礼申し上げます。有難うございました。


退任挨拶

退任挨拶

会長退任挨拶

第51代会長 大門  勝

 この一年間、皆様からはひとかたならぬご指導やご協力を賜りました事、言葉に尽くせぬほど、感謝いたしております。まことにありがたく厚くお礼申し上げます。

 CN50周年記念大会を迎える大事な年に就任し、不安の中でスタートいたしましたが、皆様のお陰で、見事な記念大会となりました。

 素晴らしいご来賓各位のご臨席も賜り、式典から翌日のゴルフ・エクスカーションまですべて大成功に終えることができました。

 松山中央ライオンズクラブの112名の会員の層の厚さと、それぞれの役目を熱意と責任感をもって遂行していただいた皆様のおかげです。

 50年前に51名で結成されたチャーターメンバーも、現在では4名になりました。

 在籍いただいている4名の方々には、CN50周年を機に、一層感謝の念を申し上げます。

 もっともっと祝福させていただきたかったのですが、まだまだ不十分であったと省みております。

 今年度、何より残念だったのは、チャーターメンバーの永野貞一さんを始め4名の会員を失ってしまったことです。辛く、大きな喪失感はしばらく癒えぬ事と思います。

 改めてご冥福をお祈りいたします。

 

 松山中央ライオンズクラブは会員数では中四国・1となりましたが、それに伴い年齢層も30歳~90歳と大変幅広くなりました。多くの世代を網羅したクラブ運営は、一種の困難も秘めており、112名の皆さん全員があまねく満足していただけるような会の運営を、私は自身の力不足により十分に出来なかったと反省いたしております。

 しかしながら、今年一年、私の持てる力すべて振り絞って、精一杯努めさせて頂いたつもりでございますので、それに免じてご容赦いただけましたら幸いです。

 

 これからの松山中央ライオンズクラブは、獅子マークが表す様に、先輩の築かれた過去の歴史や教えを守り、100周年に向かって「ウイ・サーブ」をいつも胸に、社会の為、地域の為に奉仕活動を続けて行く事を祈念致しまして、退任挨拶とさせて頂きます。

 

 

幹事退任挨拶

2014~2015年度幹事 山本 宗宏

 やっと任期満了を迎えることが出来ました。

 昨年度の副幹事を経て、実質的な幹事の仕事が始まって15ヶ月間、月並みですが、永かったような短かったような。3年前、幹事をお引受けした時から大門会長には「出張がちなので諸会議の欠席はご容赦下さい」と言い訳から始まった幹事職ですが、スタッフおよび会員の皆さんのご理解とご協力の下、何とかこの時を迎えることが出来ました。

 お陰様で、より多くの会員の方と深く触れ合う機会を頂きましたし、ライオンズ独特の“カタカナ用語”の理解度もかなりアップしました。あと体重も。

 何れこれから幹事職の声が掛かるであろう貴方、迷わず二つ返事で引き受けましょう!やってみれば意外に何とかなるもんですよ。

 最後になりましたが、会長以下大門内閣の皆さん、全会員の皆さん、青木事務局員さん、何かと至らぬ幹事でしたが、一年間、我慢強くお付き合い下さり有難うございました。そして本当にお世話になりました。

 

 

会計退任あいさつ

会計 宮川 晶子

 長かった1年が終わろうとしています。今年は、クラブとしては有りがたいことに、会員数2名増強という目標を達成できましたが、会計としては、会員増加に伴う各種予算の増加から資金難に陥らないよう、1年を通して会計報告に気を配ってまいりました。またそれに加え、松山中央ライオンズクラブ結成50周年の節目の年で記念式典があり、その資金についても、要所での確認作業と正確な決算処理が必要でした。

 しかし、どちらもなんとか無事終える事ができそうで内心ホッとしています。これもひとえに、無理なお願いを嫌な顔せずお引き受けいただき、応援してくださった会員の皆様のおかげと感謝しております。新しいメンバーも増え、今まで以上に慎重なクラブ運営が求められる中、来年に向けて最終的にミスのない会計報告が行えるよう、後少し頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

 

 

ライオンテーマー退任あいさつ

ライオンテーマー 戸梶 直美

 大門会長のもと、ライオンテーマーという大役を務めさせていただきました。ライオンテーマーの職務は、クラブの財産・備品管理、理事会・例会の調和、友好、活気を促進し、会の秩序を保つことだとお引き受けしてから知り、大きな不安でのスタートでした。特に、今年度はCN50周年ということもあり、会員の皆様の気持ちを盛り上げなくてはという思いばかりが勇み足となり、7月第1例会では会長スローガンをすべて読み上げて皆様を驚かせてしまいました。それでも、「CN50周年記念大会を成功させよう」という掛け声を暖かく見守って頂き1年を無事終えることができました。皆様のご協力に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも、松山中央ライオンズクラブの伝統を守っていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。「CN100周年記念大会へ向けてウィサーブ!」

 

 

テールツイスター退任あいさつ

テールツイスター 佐々木 勲

 大門会長のもと、歴史ある松山中央ライオンズクラブ50周年時にテールツイスターの役をさせて頂き、感謝致しております。

 皆様から頂くドネーションを上手に会員の方々にお伝えする事が努めではありますが、読んで整理している時に心がいっぱいになり、上手にお伝え出来なかった事お許し下さい。

 短い文章の中にそれぞれの人柄や温かさを感じさせて頂きました。貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。心より感謝致します。


松山東LC結成45周年記念例会に出席して

Lc45

Lc45_2

Lc45_3

松山東LC結成45周年記念例会に出席して

幹事

山本 宗宏

 3月28日土曜日、松山中央LCの子クラブでもある松山東LC(会員数52名)の45周年記念例会に大門会長と共に出席して参りました。我がクラブも今年CN50周年式典を開催することもあって興味津々。実際、出席してみるとその違いをいろいろ発見することができました。まず、松山東ではチャーターナイトという言葉は一切使わず“結成”で統一。また、記念式典ではなく敢えて(?)記念例会とし、下田日銀支店長の記念講演をメインに、例会後の祝賀会は“ドネーションズ”(ネーミングが如何にもライオンズ!)という会員バンドによるライブでした。出席者も副市長の他はキャビネット関係者と1R各18クラブの会長・幹事で総勢84名とコンパクトでしたが、笑いの絶えないアットホームで素晴らしく楽しい式典でした。なお、結成45周年の記念事業として、チャリティーコンペの開催と城山公園にベンチ2台を寄贈されたそうです。


第61回 地区年次大会 徳島大会

Photo_25

Photo_26

第61回 地区年次大会 徳島大会

 4月11日、4月12日に徳島市のアスティとくしまで、ライオンズクラブ国際協会336-A地区の地区年次大会が開催されました。松山中央ライオンズクラブからも多くのメンバーが参加いたしました。

 2014年2月~2015年1月末の地区ガバナーズアワードクラブ表彰が行われ、松山中央ライオンズクラブは次の賞を受賞いたしました。


Photo_24

松山市の愛唱歌「春や昔」を合唱

計画出席委員長

中岡 富茂

 松山中央ライオンズクラブでは結成50周年の記念事業として、正岡子規の銅像を道後に寄贈させていただきました。そのさなか松山市役所(産業経済部都市ブランド戦略課)より、「松山市の新しい愛唱歌『春や昔』を合唱しているビデオをいろいろな団体で歌っている様子をホームーページに掲載し、もっともっと普及したい」と相談をうけました。「春や昔」は正岡子規が作った俳句8作を詰め込んだ歌です。記念事業を益々意義あるものとし、また、松山市を「歌」でもっともっと元気にしたいという松山市の取り組みに賛同し、「我々は奉仕する」の心構えで、取り組みました。

 1月から毎月2回の例会毎に練習をし、3月24日の撮影では84名のメンバーで大合唱。松山市のホームーページに掲載されますので、皆さんご覧になって下さい。

 アドレスは、http://www.kotobanochikara.net/kotoba_sikiuta.html


一年間を振り返って

一年間を振り返って

会員・会則委員長

友澤 節男

 「一年間を振り返って」というテーマの原稿依頼を受け一番に浮かんだのは、たて続けにあってはならない尊敬する大先輩永野貞一さん、五島先生、清水さん3人のご不幸に遭遇した事でした。そんな中どうしても意気消沈気味の委員会が続きましたが、委員会メンバー協力のおかげでどうにか無事大過なく期末をむかえる事ができました。これも大門会長はじめ、執行部そしてクラブ会員皆さんのご支援あっての事だと、深く感謝いたしております。力不足、行き届かぬ点多々ありご迷惑をおかけしたと思いますが、本紙面をおかりして皆様にお許しをいただき、ここに御礼申し上げます。一年間ありがとうございました。

 

財務委員長

小倉 圭二

 おかげさまで財務委員長の任務を無事務め終わる事が出来そうです。

 一年前委員長を受けた時、今年度は周年事業も重なり複雑な運営管理になると心配してましたが、会計の宮川さんのおかげで財務の運営も安心して推移できました。宮川さんには改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

 また、委員会では愛酒家のメンバーの方が多く、笑いの絶えない楽しい委員会が続き、一月の新年例会のアトラクションでは、メンバー一丸となって下準備を重ねた結果、見事優勝する事が出来、楽しい思い出となりました。

 委員会のメンバーの方には色々と支えていただき、楽しい委員会が過ごせた事に改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

計画・出席委員長

中岡 富茂

 今年度は計画・出席委員長の役をいただき有難うございました。

 太享哲副委員長をはじめ12名のメンバーに支えられ1年間、例会等の運営をさせていただきました。

 坊っちゃん劇場に協力していただいた家族例会。子規記念博物館の竹田館長にご協力いただいた創立記念例会。ベリーダンスで松山中央ライオンズクラブも変わったな~と感想をいただいた新年例会。空手の実演で芦原館長にお世話になったスポーツ例会。来月になりますが、いよいよお別れ例会になります。

 年間24回の例会はクラブの皆さんの積極的なご協力があって初めて運営できる事を深く感じた1年です。有難うございます。CN50周年記念例会を含め、あと3回の例会を出席率80%以上で終え、年間を通して出席率80%越を是非達成したいと思います。最後に、急な変更にも柔軟に対応していただいたホテルJALシティ松山の山之口智章総支配人及びスタッフの方にも感謝を伝え、お礼の言葉とさせていただきます。ありがとうございました。

 

PR・IT委員長

池田 博英

 今年一年間、皆様には原稿の執筆等で大変お世話になりました。

 当初は、もっと色々新しい試みもしてみたいという色気もあったのですが、会報誌の毎月の発行に追われ、思ったような事が十分にできなかった事が悔やまれます。

 初めての委員長職で、至らぬ点も多かったのですが、皆さんに助けられながらなんとかゴールテープは切れそうです。

 日々のお仕事がお忙しい中、積極的に動いていただいた委員の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 

社会福祉委員長

仙波 得伸

 突然の副委員長の任をいただいてから早二年過ぎ、おかげさまで、この一年間社会福祉委員会の事業を委員会メンバーに支えていただきながら、何とか委員長として過ごすことができました。今振り返ってみても事業の段取りの不味さもあり力不足であったことは否めませんが、貴重な経験をさせていただきました。また、委員会最大の事業でありますお遍路さんへの「お接待」では、たくさんのメンバーの皆さんと地域の皆様にもご協力をしていただき、巡拝の皆さんに大変喜んでもらい、こちらまで心温まる一日でした。また、来年度もメンバーの一員として参加させてもらいたいと思います。

 まだ福祉のつどい「レクリエーションバレーボール大会」が残されておりますが、選手の皆さんに気持ちよくプレーしてもらえるよう支援を進めて参りたいと思います。次年度の木下委員長に「まごころ箱」と「中学生職場体験学習」について引き継ぎという役目を果たして任を終えたいと思います。

 最後になりましたが、委員会及び会員の皆様に助けられてこの一年間の委員会運営が出来ました。本当にありがとうございます。感謝!感謝!

 

保健委員長

伊藤 憲司

 あっという間の一年間! 委員長として至らぬ点が多々あったと思います。

 保健委員会最大のアクトの大街道献血ルームでのお手伝いも先輩方のアドバイスを頂きながら、なんとかこなせられたと思っています。保健委員会のメインのアクトでもある移動採血車のお手伝いの当番決めに振り回される中、保健委員のメンバーをはじめ松山中央ライオンズクラブのメンバー皆様の献血推進活動に対しての、深いご理解と、強い絆のご協力に大変助けられ支えられた一年間でした。

 各委員長さんにも突然急ぎのお願いをしたにもかかわらず、当番のメンバー集めにご尽力いただきました事を重ねて御礼を申し上げます。

 一年間ご協力頂きました皆様に対して、少しでも恩返しをしていきたいと思っております。

 この一年間、本当にありがとうございました。

 

教育・国際委員長

西山 直樹

 松山中央ライオンズクラブ入会後、初めての委員長ということでいろいろと不安もありましたが、委員会メンバーをはじめとしたクラブ会員のみなさんのご協力で、なんとかアクトを完了できたと思います。ありがとうございました。

 委員長としてアクトを実行することで、ライオンズクラブの活動の意義や、先輩方のアクトに対する思いなどを、今まで以上に実感できました。この経験を糧にしてこれからのライオンズ活動に生かしていきたいと思います。

 

市民・公衆委員長

森  浩輔

 市民・公衆委員長としての一年がもうすぐ終わろうとしています。思い返しますと、2年前現幹事の山本宗宏さんから、スポンサーである大門会長の時は委員長頼むよ、とご連絡を頂いた時、本当に私で大丈夫かなと正直思いました。当時は例会等の参加もあまりできていなかったのですが、ご指名を頂いたので何とか務め上げなければならないと思い、そこで考えも変わったと思います。

 委員長になり、最初は何も分からず、準備不足等で先輩方から注意を受けた事もありました。クラブや委員会の方々にはご迷惑をお掛けした事もありましたが、何とか無事に務める事ができ、皆様には大変感謝しております。副委員長、委員長の2年間は、私にとって本当に中味の濃い2年間だったと思います。このような貴重な機会を頂けた事に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

ゴルフ委員長

仙波 重樹

 今期、ゴルフ委員長を拝命して、何とか無事に10回の委員会を無事開催することが出来ました。沢山の方に出席して頂きましてまことにありがとうございました。

 至らぬ委員長でしたが、副委員長の程野さんや会員の方々の御協力に感謝申し上げます。

 概ね天候には恵まれましたが、3月の東ライオンズのチャリティーでは、優勝者のNETスコアが76という大雨でコンディションの悪い中のPLAYは印象に残っております。皆様、お疲れさまでした。実力を発揮して優勝されました境さんおめでとうございました。

 また、9月には吉田さんがエイジシュートを達成されました。4月には私自身ハーフでベストスコアを出すことが出来ました。また、同じ4月、松本さんがホールインワンを達成され、忘れられない委員会となりました。吉田さん、松本さんおめでとうございました。

 残るは遠征を含む2回のみとなりました。皆さんに喜んで頂ける充実した遠征にしたいと思っておりますので、何とぞ御協力の程よろしくお願いいたします。

 来期は程野委員長となりますが、伝統ある委員会の内容をすべて引き継いでいきますので、今後もゴルフ委員会の発展を皆様と共に支えて行く所存です。ありがとうございました。

 


スポーツ例会

Photo_4

Photo_5

Photo_6

スポーツ例会

計画出席委員会

中岡 富茂

 4月27日スポーツ例会を開催しました。昨年8月に入会された新国際空手道連盟芦原会館 館長 芦原英典さんに空手の簡単な技を実演しながら教えていただきました。

 戸梶直美さん、宮川晶子さんは芦原さんにプレゼントしてもらった道着に着替え場を盛り上げました。森和幸さん、新野和幸さんにも協力してもらい、もしも女の人が男に襲われたら?という想定で護身術の実演をしました。まずは股間を蹴る。うう…と思わず下に向いた所に膝蹴りをして、グウで殴り、即行逃げる逃げる逃げる…。

 また、不意を突くパンチが効く。左手でビンタしたその直後に右手でグウで殴る。相手はビンタに気をとられ、グウで殴られる事は想定外。この想定外に「殴る」のが効果的。など。

 短い時間でしたが、空手を体験してもらい、芦原さんを益々身近に感じてもらえたのではないでしょうか。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp