松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会員コラム

会員コラム一覧 | 2004年5月 ≫

2004年4月

輝け/四国初、全国5番目の認証クラブ  井口 泰弘

13

 <松山ホストライオンズクラブ50周年記念式典に出席して>

 3月12日(前夜祭)、翌13日松山全日空ホテルにて式典を開催。

 336-A地区・地区ガバナー石川俊夫氏を始め60名の「松山ホストライオンズクラブ」のメンバーを含む約300名が出席。当クラブからは、藤井会長をはじめ、別府幹事、森、京河、尾田、各副会長、続木会員理事、井口会計の7名が出席し、祝福をともにいたしました。

 同クラブは、1953年12月全国で5番目、四国では初のライオンズクラブとしてスタートし、この50年間、社会奉仕活動に積極的に取り組んでおられます。今年1月には輝かしい伝統とキャリアを誇りとして「松山ライオンズクラブ」の名称を「松山ホストライオンズクラブ」と変更することを、国際本部より認証されています。

 式典の前夜祭では、八幡浜出身のスポーツジャーナリストニ宮清純さんによる「勝者の思考法」をテーマに記念講演をおこない、ソウルオリンピックで鈴木大地が金メダルを取ったときのエピソード等、豊富な話題で、独自の「リーダ論」を披露、軽妙な語り口に聴衆は熱心に耳を傾けていました。

 記念式典では50周年大会委員長の歓迎の挨拶に始まり、日野クラブ会長により「子供たちの未来のため、次の50周年に向かって更なる前進」と力強い挨拶。50周年記念事業として「子供たちの未来のため」をテーマに、次のようなアクティビティが披露され、中村松山市長を始め、関係者代表にそれぞれ目録が贈呈された。

 「五十周年記念アクティビティ」
  1.夢のあるまちづくり・松山市の「坂の上の雲」まちづくり支援。
  2.皆が助け合うまち・障害児教育支援事業。
  3.自分たちの力で防止・薬物乱用の防止を促進する。ジュニアリーダーの育成。
  4.世界の子供たちへ・インド、チダンパランライオンズクラブとの共同事業、「献血活動」「献限活  動」。

 第2部の祝宴では、興居島中学生徒による力強い水軍太鼓に迎えられ開宴、ボランティアグループ「蘭燈」による琴と笛の演奏のなか、うまい料理と酒を楽しんだ後、終宴となり、全員で大きな輪をつくり、「ウイサーブ」。
 
 すばらしい50周年記念式典でありました。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp