松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会員コラム

≪ 2011年2月 | 会員コラム一覧 | 2011年5月 ≫

2011年3月

中央小町の今昔物語

Komachi01 Komachi02

中央小町

久保美代子

 小町ということは、女性として一応認めてもらったようでありがとうございます。私は立ち直りの早いタイプなので過去は忘れているし、計画性もないまま何とか現在に至っています。
 私の今昔物語としてはっきり言えることは、体型でしょうか?私の小学校・中学校時代を知っている人に必ず言われることは、「カモシカのような足で運動会ではスターだったね」です。高校卒業以来、着実に成長して現在に至っていますが、好きでこの体型になったわけではなく、やはり計画性のないことと立ち直りが早いことの成果です。
 しかし、私の周辺でスリムになった人を見ると、私もそろそろ頑張らなくてはと思います。しかし、継続は力なりと資格試験は頑張りましたが、食事を含む生活習慣の管理はなかなか持続できません。まずは自分を鏡に映すことかな? どなたか教えてくださ~い!


旅の思い出

Tabi01 Tabi02

旅の思い出

尾田  仁

 2004年2月にカンボジア・シエムリアプを訪問しました時のことです。目的は名古屋ライオンズのアクトであるコンポンクディ小学校竣工式とモクネアクコツクチャン両小学校視察とアンコールワット・アンコールトム・ダブロームなどの観光と言うことで五泊六日で行った時の事です。一緒に行ったのは、藤井さん伊狩さん岡内さんでした。特に感じたことは小学校に訪問した時、生徒の皆さんのキラキラ輝く目で出迎えて下さった事が今もって印象的で忘れられません。
 又、観光でアンコールワットに行った時、1632年に森本右近太夫一房(森本一房)が残した落書きは歴史的意味合いも深く、消されないで保存されていることに感動したことを覚えています。
 私も落書きしたかったのですが、日本に帰国出来なくなるといけないと思い自重させていただきました。
 特に、ご一緒していただいた先輩の方々とライオンズの事、又、事業者としての心構え等々を語ってくださった事が私の一生の宝物です。
 最後になりましたが、時の松山中央ライオンズ会長藤井さんにカンボジア政府より叙勲があり、大変意義のある活動であったと思います。
アンコール・ワット壁面の落書き
落書きの文面
 「寛永九年正月初而此所来
 「寛永九年正月初めてここに来る
 生国日本/肥州之住人藤原之朝臣森本右近太夫/一房
 生国は日本。肥州の住人藤原朝臣森本右近太夫一房
 御堂心為千里之海上渡
 御堂を志し数千里の海上を渡り
 一念/之儀念生々世々娑婆寿生之思清者之為
 一念を念じ世々娑婆浮世の思いを清めるために
 其仏像四躰立奉者也
 ここに仏四体を奉るものなり

 摂州津池田之住人森本儀太夫
 右実名一吉善魂道仙士為娑婆
 是書物也
 尾州之国名谷之都後室其
 老母亡魂明信大姉為後世是
 書物也
 寛永九年正月丗日」


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp