松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会報誌ギャラリー

≪ 2009年10月 | 会報誌ギャラリー一覧 | 2009年12月 ≫

2009年11月

ライオンズの思い出④

Hyoushi

ライオンズの思い出
船倉 和夫
 昭和40年5月8日チャーターナイト認証式が奥道後ホールに於いてL51名、L.N全員参加で制服(お揃い)L.Nお揃いの着物で厳粛に認証状伝達式が行われましたことは強く印象に残っております。そのチャーターナイト51名が現在7名しか在籍しておりませんことが、一抹の淋しさを感じます。これも時代の流れというものでしょう。
 ライオンズに在籍し印象に残っておりますのは正岡子規の座像であります。製作者は日展評議員の伊藤五百亀先生で東京武蔵野のアトリエで先生が「伊予の大家の子規像の製作にあたって大変光栄に存じております。皆様方のご期待に副えるよう全力を尽くす。」とおっしゃいました。今は故人になられております。
 この子規像は現在子規記念博物館の正面玄関に安置されております。子規像の裏面に松山中央10周年記念と銅版に彫刻されております。子規記念博物館の裏側には椿の森を再現するため椿の植樹をしております。今では椿も成長して見上げるようです。毎年椿の咲く頃2月~5月にかけて立派に咲いております。椿の花は現在は松山市花になっております。毎年花咲く頃には私はそこに行きますが、メジロ・ヒヨなど小鳥のさえずりを耳にすることができます。この場所には松山中央ライオンズ15周年記念植樹と石碑が建っております。
 松山空港の正面グリンベルト内に時計台を設置しておりましたが、松山空港の全面改修で立退きになりました。その時計台の下に設置していた「愛媛のこころ」銅版は、現在空港内のロビーに飾られております。この筆跡は日本藝術院書家村上三島先生の直筆でございます。空港に行かれましたら是非ご覧いただきたいと思います。文面は 愛媛のこころ「青い海と緑なす山なみ 歴史と伝統の香り高い文化の里 子規、漱石ゆかりの地 伊予地へようこそお越しをいただきました」三島書と記してあります。
 15周年記念には伊予百景と銘打って中央作家50人に松山においでいただき、県下の名所を我々クラブ員が先導をして制作いただき約100点を販売完売しております。それを記念して伊予百景画集を制作し県下の先生方から注目を集めました。
 おわりに申し上げたいことがあります。15周年のあゆみのデータから15周年迄の平均出席率は約87%です。それを考えますと現在の出席率の低下は目に余るものがあります。このことはL永野さん、L島田さんも指摘されております。私も同感でもっと真剣に考えなくてはならないと思います。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp