松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会員コラム

≪ 2010年11月 | 会員コラム一覧 | 2011年2月 ≫

2010年12月

中央小町の今昔物語

Tabi05_2

中央小町

 こんなこともなければ昔の写真なんて見ることも無かったのですが…子供時代はカラー写真って意外となかったりして~(笑)。
 今もあまり変わらない(と自分では思ってる)みたいですが、もうふた昔前。これは1987年5月に新婚旅行でハワイに行った時の写真です。
 今より10㎏程痩せててスレンダーなうら若き乙女でした。厳粛な親元を離れて早23年。この時を皮切りに私の放し飼いが始まったような気がします。
 何が起こっても動じない(いちいち反応してたら身が持たないのかもしれませんが)主人のおかげで今の私があります。これからも「夫唱婦随」…正確には「婦唱夫随」で頑張っていきたいと思います。
 高橋 孝子


旅の思い出

Tabi01 Tabi02 Tabi04 Tabi03

旅の思い出

友澤 節男

〔Before〕 1972年3月5日うら若き男女二人は将来に夢膨らませ幸福そうに松山空港を飛び立って行きましたが、この飛行機 妻の思うようなコースには飛んでくれませんでした。人生山あり谷あり、涙あり、涙あり(特に夫の反省多し)やっとの事で、イタリアフィレンツェ空港に到着です。なんと時はタイムスリップして33年11ヶ月後の〔After〕2006年2月14日長い道中と心労が重なり、二人ともこんな姿になっているではありませんか。でもここは、ヨーロッパ、妻も機嫌を取り直し、第2の新婚旅行6日間のイタリア旅行スタートです。フィレンツェでは、お巡りさんに声を掛けると、気さくに大きな機関銃を片手に一緒に写真撮影。教科書で見たガリレオによる引力の発見地ピサの斜塔、本当に傾いて建っていました。ローマ法王、バチカン市国のサンピエトロ広場・ローマのコロッセオ・トレヴィの泉・ポンペイの遺跡そしてナポリと数々の都市を巡りましたが、どの地に行っても古代中世そのままの街並みと石畳の路が印象的で、住んでいる人々の生活が現代へと変化しても、今なお歴史は間違いなく引き継がれている事を実感しました。ローマでは、サバティーニさんのお店で、ギター生演奏と美味しいイタリア料理を頂きましたが、味も値段もビックリコースでした。帰路はドイツのフランクフルト空港を経由後、白銀に輝くアルプス山脈を眼下に、ひとっ飛びで日本に舞い戻りました。
 あっという間ではありましたが、妻と二人だけで一緒に過ごした貴重な旅(懺悔の旅)の思い出です。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp