松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会員コラム

≪ 2011年8月 | 会員コラム一覧 | 2011年11月 ≫

2011年9月

表紙写真の解説

Hyoshi_moto Hyoshi_kaisetsu

表紙解説

石手寺三重塔

 先月の二王門に続いて、石手寺を代表する建造物である三重塔を取り上げました。奈良や京都に行くとたくさんの仏塔が残っていますが、愛媛県下には三重塔が3棟残されているだけです。そのうち石手寺のものは、鎌倉後期の創建と最も古く、国の重要文化財に指定されています。他の2棟は興願寺(四国中央市三島)と興隆寺(西条市丹原町)にあり、ともに江戸期のもので県指定の文化財です。
 仏塔は、古代インドで仏舎利(釈迦の骨を意味する)を祀ったストゥーバ(墳墓)が中国に伝わり、中国の楼閣建築と合体して多重塔の形式が確立したと考えられています。これが朝鮮半島を経て日本に伝来し、寺院の伽藍を構成する中心の建物として、飛鳥時代以降数多く建築されるようになりました。
 屋根の上に突出した「相輪」を支持するために、必ず芯柱が建物の中心に立っています。石手寺の場合は一重の天井裏で止まっていますが、古いものでは地上まで達しているもの、法隆寺のように穴を掘って深く埋められているものもあります。この相輪は仏教では「塔婆」に当たるもので、ストゥーバ→トウバとなったのかも知れません。これが西洋に行くとタワーなのでしょうか。
 今建てると1層1億円かかる、とまで言われているくらい手間と時間のかかる建物ですが、空間として使えるのは一重のわずかな面積のみ。次第に仏像を安置する金堂や本堂に主役の座を取られていったのは、自然な流れだったかも知れません。ちなみに今塔を新築する際、建築確認申請上は「建築物」ではなく「工作物」扱いになるそうです。

建築設計・監理,古建築調査・研究
花岡直樹建築事務所 一級建築士 花岡 直樹 氏


この一冊

この一冊

秋山 義勲

致知出版社
『致 知』

 私のおすすめの本は、「致知」という本です。この本を読むきっか けは、10年以上前に新田高校の教員であり硬式野球部の監督であった弟から紹介されて読むようになりました。ちなみに弟は、今年の甲子園でも活躍した広島の如水館高校の野球部監督迫田穆成さんから、「秋山君も人を導く指導者なんだからこの本で勉強するといいよ」とすすめられたそうです。
 この本は、人間学を学ぶ月刊誌と題していますがまさにそのとおりで、人が人に成るための学びには2つがあるといわれます。1つは時代に即した知識や技能を得る「時務学」、もう1つが「人間学」です。時務学が「末学」と呼ばれるのに対し、人間学は「本学」と呼ばれます。
 人間学で人としての徳性を養うから時務学で得た技能も知識も生かすことができるのです。徳を学ばない人がいくら知識、技能を勉強しても正しく用いることができません。
 思いやり、愛情、困難に立ち向かう勇気、謙譲の心、礼節……、これら徳性に含まれる性質は、人間が生まれつき持っているものですが、磨き続けなければ埋もれたままになってしまいます。
 人間が本来持っているよきものを輝かせるために、この「致知」を愛読してみませんか。
 9月の巻頭には、ウシオ電機会長の牛尾治朗さんの言葉で「天を恨まず、苦に耐え、明日に向かって働く」とあり、考えさせられる言葉が紙面に書きつくされています。
 あなたが、急いで読むのもよし、ゆっくり読むのもよし。ご自分のペースで是非ともお読みください。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp