松山中央ライオンズクラブ
HOME リンク お問い合せ
クラブ概要 アクティビティー他 理事会・例会だより 会員コラム 役員・委員会紹介 会報誌ギャラリー
会報誌ギャラリー

≪ 2008年4月 | 会報誌ギャラリー一覧 | 2008年12月 ≫

2008年8月

童謡シリーズ⑩「春の小川」

3_2

日溜まりの公園で、暮れなずむ街角で、夜のしじまの
中で、ひとり「童謡」を口ずさむ時、幼き日々が鮮や
かによみがえる…。
 今回は、『春の小川』です。
 東京都渋谷区代々木。ここにはかつて「河骨川
(こうほねかわ)」という川が流れていて、春になると
岸辺にすみれやれんげの花が咲きました。代々木山谷
(現在の代々木3丁目3号)に住んでいた国文学者の
高野辰之は、その風景を愛し、しばしばこの辺りを散策
したといいます。『春の小川』に描かれている情景は、
河骨川そのものだったのです。

河骨川は昭和39年に開催された東京オリンピックの
工事で暗渠となってしまいましたが、代々木公園のそばに
この歌碑が建てられ、往時の姿を今に伝えています。
 ところで、現在歌われている歌詞は当初の歌詞とは異
なります。実は他人の手によって改作されているのです。
昭和17年に『春の小川』を小学4年の教材から3年の
教材へと移した際に、3年ではまだ文語体を教えていな
かったため、生徒が歌えるようにとわざわざ歌詞を口語
体に改めたのです。専門家からは「表現だけではなく、
詞の意味まで変えてしまった」と辛口の評価を受けて
いますが、改作版は今日すっかり定着しています。時に
応じて語句や語調を変え、子供に受け入れやすくする。
こういった工夫も、もしかすると童謡の魅力を維持して
いくためには必要なのかもしれません。


童謡シリーズ⑪ 「茶摘み」

2_2

童謡「茶摘み」の歌詞の中にあるように、「八十八夜」を
代表するものは何といっても「茶つみ」です。「八十八夜
っていつのことだろう?」と思われる方、八十八夜は立春
から数えて八十八日目の夜のことです。現在の暦で5月2日
頃に該当します。一般的に、この時期に摘み取ったお茶は
美味しいと言われています。従って、「八十八夜」の前後
に「茶摘み」のピークを迎えます。 
「茶摘み」は1912年(明治45年)に刊行された『尋常小学
唱歌 第三学年用』が初出で、2007年には「日本の歌百選」
に選ばれています。
1・2番とも、第3・4節は京都府宇治田原町に伝わる茶摘み
歌「向こうに見えるは茶摘みじゃないか。あかねだすきに
菅の笠」、「お茶を摘め摘め摘まねばならぬ。摘まにゃ
田原の茶にならぬ」から取られたという言い伝えがありま
す。

一番の最後の一節「あかねだすきに菅の笠」 茜(あかね)
の襷(たすき)を架けて茶を摘む、 すなわち、素手で摘
んでいると指先に怪我をすることがあります。 その時、
茜で染めた襷は傷薬になるので、 手にその茜成分を擦り
込みながら作業を継続するという先人の知恵です。


童謡シリーズ⑫ 「ほたるこい」

1_3

 みなさんは、この歌を知っていますか?この歌は、
「ほたるこい」という江戸時代から親しまれている
童謡で、ホタル狩りのときに歌われていたそうです。
 初夏の夕暮れ、川辺や水田でにわかに点灯を始め
るホタルと、それを捕まえようとする子どもたちの
姿が思い起こされ、郷愁の念を呼び起こしてくれる
歌の一つに挙げられるでしょう。
さて、このホタルについて、みなさんはどの程度ご
存じでしょうか?日本で「ホタル」というと、ゲン
ジボタルやヘイケボタルのことを指しますが、日本
には40種類以上、世界には約2,000種類ものホタルが
知られています。ほとんどの種類は、卵、幼虫、蛹、
成虫と一生を陸地で生活しており、ゲンジボタルや
ヘイケボタルのように幼虫期を水中で生活する種類は、
世界でたったの5種類しか知られていません。実は、
私たちが最も見慣れているホタルは世界的に非常に
変わった種類でもあるのです。
古来から私たちの心に浸透し、また世界的に珍しい
生活環を持つゲンジボタルとヘイケボタルですが、
見掛ける機会はずいぶんと減ってしまいました。
身近な存在であったホタルの生息場所は環境の悪化
などにより狭められていきました。
 しかし近年、この事実に気づいた人たちが、ホタルを
守るために様々な活動を始めています。生息地の保全や
再生、創出の他、餌となるカワニナの養殖や飼育した
幼虫の放流などを行い、初夏の夕暮れ時には観察会などを
催して、私たちの目を楽しませ、同時に自然の大切さを
学ばせてくれます。このような動きは全国に広まって
います。ホタルを守ることは、自然環境を守ることにつな
がることから、ホタルは自然保護の象徴になってきている
ようです。


松山中央ライオンズクラブ事務局
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-1-5 ISSEIビル3F TEL:089-913-1632 FAX:089-934-3100
E-mail: info@matsuyama-chuo-lions.gr.jp